飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店で使えるアイデア100選

狙った平日に、お店を"予約でいっぱい"にする方法

  • 2009年12月22日 14:41
  • アクシュニュース

haps.jpg

 

「狙った日に、しかも平日にお店を"予約でいっぱい"にする」

 

ちょっと夢みたいな話でしょうか?

今回は、そんな夢みたいな方法をご紹介します。

 

やる価値はありますよ!

といっても、とても簡単です。ぜひ下の"6つのポイント"を押さえて実施してみてくださいね!

 

 

 

どうやったら、狙った平日に満席にできるのでしょうか?

 

その為には、お客さまに

■「その日に行きたいっ!」と思って頂くことが必要。

 

まぁ当たり前ですね。

 

では、

■どうすれば「その日に行きたいっ!」と思ってもらえるのか?

 

これが大事です。

今回ご紹介する方法が、その一つになり得ます。

 

 

 

 

その方法とは...

 

 

●「キャンペーン予告」

 

です。

先日「くら寿司」で下のようなキャンペーン予告をしていました。

--------------------------------------------------------------

[予告]ワンピースグッズプレゼント ≪○月○日~△月△日≫

期間中、びっくらぽんの景品が"ワンピースオリジナルグッズ"になります。

--------------------------------------------------------------

 

"ワンピース"のファンなら、絶対に行きたくなるキャンペーンですよね!

この期間内にお店に行って、グッズを手に入れたくなります。

 

他にも「予告」を利用している例はいっぱいあります。

--------------------------------------------------------------

○月○日○時 まぐろ解体ショー

100cmサイズの大物まぐろをその場で切り分けます!

--------------------------------------------------------------

50%キャッシュバックキャンペーン ≪○月○日~△月△日≫

期間中にご来店のお客さまに、利用額の50%をキャッシュバック

--------------------------------------------------------------

ドラクエ9  711日発売!

--------------------------------------------------------------

新春福袋  121000~販売開始

--------------------------------------------------------------

などなど、どれも予告の事例です。

予告は、簡単な方法でありながら集客力を高めることができます。

 

 

 

でも、

ただ単に予告をすればいいかというと、そうでもありません。

やはり抑えるべきポイントがあります。

これに注意しないとせっかくのキャンペーンも無駄になってしまうかもしれません。

 

 

Point1 :「お客さまにとって"嬉しい特典"を付ける」

 最重要です。

「その日にお店に行けば嬉しい特典がある」となればお客さまの来店理由になりますね。

「誰にでもウケそうな特典」よりも「特定の人だけに"超"ウケる特典」の方がおススメです。お客さまは「自分だけ」というこだわりに弱いです。自分のポイントにハマったら行く理由が更に強まります。

あなたのお店の「ウリ商品」や「通好み商品」を特典に絡ませるのもいいですね!

 

 

Point2 :「"特別感"を感じてもらう」

 多くのお客さまは「自分だけ」という特別感が好きです。「誰でも知っている」ではなく「自分だけしか知らない」事、「いつでもやっているイベント」よりも「期間限定のイベント」の方に価値を感じてくれます。

 「ウチのお店だけ」「この期間に来てくれた人だけ」「知っている人だけ」「常連さまだけ」「あなただけ」「年に1度だけ」「この3日間だけ」など、"特別感"を感じて頂きましょう。

 

 

Point3 :「やたらに予告しない」

 1回キャンペーン予告がうまくいくと、何度でもやりたくなってしまいます。

ですがそれはこらえましょう。回数が増えると「お客さまにとっては価値の無いもの」になってしまいます。

 年に1度のイベントは嬉しいですが、毎日やっているイベントには価値を感じられませんよね。チョコレートメーカーもバレンタインは年に1日だけに絞っていますもの。

 

 

Point4 :「予告内容は1つに絞る」

 せっかくのキャンペーンだからと言って、たくさんのイベントを盛り込むと、お客さまは何のキャンペーンなのか分からなくなります。分かりやすく1つに絞りましょう。情報がたくさんあるとお客さまは何を見ればいいのか分からなくなります。1つに絞って差し上げるのもお客さまに対しての親切です。

 

 

Point5 :「期間は1週間くらい取る」

 「1日限定のキャンペーン」というのもアリですが、お客さまには親切ではありません。その日に来店できる方にとっては嬉しいことなのですが、お客さまにも都合があります。お客さまのご都合の中で行きやすい日を選んで頂けるように3日~1週間くらいの期間をとった方が親切ですね。

 

 

Point6 :「予告はお客さまをコントロールすることではない」

 とても大切な心持ちです。勘違いしやすいので気をつけてくださいね!

 キャンペーンやイベントイベントと言うと、ついつい「お客さまをコントロールして集客する」と言うイメージを持ってしまいがちです。一度成功してしまうと尚更です。ですが、お客さまはコントロールされたくなんかありません。もし、そのようなイメージを持っていたら修正してくださいね。

 予告はあくまでも「お客さまに親切な行為」です。お客さまが喜んでくれるキャンペーンを企画して、その特典を「楽しむことができる」ように、「逃して後悔させない」ように事前にお知らせをしているのです。

 

 

お客さまにお知らせする方法は、「店内POP」「チラシ」「口頭」「Webサイト」「メールDM」などいろいろありますね。お客さまが都合を付けやすいように、2~3週間前にはお知らせをしておきたいものです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

狙った日にお店を満席にする「予告キャンペーン」

やれば簡単。特別な技術は不要です。

 

ぜひ6つのポイントを押さえて実施してみてくださいね!

 

 

㈱はぴっく

眞喜屋実行(まきやさねゆき)

 

 

☆★毎日・お店のアイデアがひらめくメールマガジンがあります★☆-----

15時の店舗アイデア道場】ひらめき質問集

http://haps.chu.jp/wakuwaku.html

※完全無料でまぐまぐさんより発行中です。

 上のURLをクリックして、どうぞご登録ください。

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(3.31) 総合:(43) 投票回数:(13)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/300
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 3飲食店アイデア / 狙った平日に、お店を"予約でいっぱい"にする方法

飲食店の開店・改装ならお任せ