飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店で使えるアイデア100選

"客観情報POP"で必要性を思い出してもらおう!

  • 2013年12月11日 12:38
  • アクシュニュース

眞喜屋実行氏こんにちは。

販促企画屋の眞喜屋(まきや)です。

 

 

今は忘年会シーズン真っただ中でしょうか。

今月は、「今すぐ」の活用もできるし、春でも夏でも応用のできるネタをさらっとご紹介させてください。

 

先日、買い物に行った時のこと。

小売店のレジ前にこんなPOPと商品が並んでいました。

POP例イラスト.JPG

 

POP: 明日の最低気温 5℃

■商 品: あったか素材の肌着(「ヒート●●」のようなもの)

 

「明日の最低気温5℃」これを見たら「明日は寒いんだなぁ」とイメージします(欲を言えば「今日よりマイナス3℃」とかを加えればもっといいのに...)。そして目を下に向けると、あったか素材の肌着が。寒いなら必要だよなぁとカゴに入れる方もいるでしょう。

 

「明日は寒い」が頭にイメージできているかどうかで、必要性の感じ方が変わります。必要性を感じているかどうかで、お客さまの行動は変わりますね。

 

あったか肌着を販売する時、「寒くても大丈夫!」とか「水分を吸収して発熱!」というPOPをつくりがちです。これは商品の機能を伝えるものとしてとても素晴らしいですが、これが活きるのは必要性を感じているお客さまです。必要性を感じていないお客さまにはほぼ無力。

 

「明日の最低気温」というお店ではコントロールしようのない客観情報は、お客さまにもすっと伝わります。寒いことをイメージしてもらえれば、必要性を感じやすくなりますね。

 

これを飲食店に応用したら、どのようなことができるでしょうか?

たとえばこのようなアイデアはいかがですか。

 

--------------------------------------------------

1)寒い晩に

  ■客観情報: 今晩の気温は、○○℃の予報

         (昨日と比べて3℃低い)

  ■商品  : おもち入りのあったかお鍋など

 

2)クリスマスで

  ■客観情報: クリスマスイブまで、あと●日

  ■    商品 : クリスマスケーキやクリスマスプラン

 

3)節分で

  ■客観情報: 今年の恵方はこちら(←で方向を示す)

  ■商品  : 恵方巻きなどの節分商材

--------------------------------------------------

 

気温は行事などの「客観情報」は、お店でコントロールできないものです。だからこそ、お客さまは疑いを持たずに受け取ってくれる。客観情報でお客さまが必要性を感じてくれたなら、来店してくれるお客さまも増えるのではないでしょうか?

 

ぜひ、チャレンジしてみて下さいね!

ではでは。来月もどうか、楽しみにしていてくださいm(__)m

 

 

 

▼販促企画屋 眞喜屋実行(まきやさねゆき)

株式会社はぴっく 代表取締役

http://haps.chu.jp/gaiyou/

 

 

 

狙って儲かる! 販促企画屋 眞喜屋実行(まきや さねゆき)

---------------------------------------------

眞喜屋(まきや)の著作

「販促の教科書」(すばる舎さん)

『販促の教科書』(すばる舎さん)

 http://amzn.to/XURO3T

 

 

 

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/1598
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 3飲食店アイデア / "客観情報POP"で必要性を思い出してもらおう!

飲食店の開店・改装ならお任せ