飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

『新しい飲食店開業』独立開業、繁盛店づくりに役立つ専門情報誌

『独立開業・繁盛ノウハウ』~開業者インタビュー 『宇和島漁港直送 旬魚と鯛めし がいや』/鮮魚居酒屋/阿佐ヶ谷~

  • 2010年3月17日 15:07
  • アクシュニュース

郷土料理店ではなく、

店舗外観あくまで気軽に入れる居酒屋

宇和島の魅力で四国出身の人にも来て欲しい!

        

■■お話を伺った人■■

『宇和島漁港直送旬魚と鯛めし がいや』

店主 福田 光さん

愛媛県、宇和島市出身。17歳で上京し、飲食に限らないアルバイトで生計を立てる。飲食で開業を決意した後、金融業で資金を貯める。飲食店で3年経験を積んだ後、地元に戻り仕入れ開拓などを行い、20094月に再上京。本格的な開業準備にかかり、今年1月に念願の経営者となる。

 

 

地元宇和島の魚介を

阿佐ヶ谷から発信!

 

 愛媛県宇和島市の漁港から、毎日新鮮な魚介を直送する居酒屋が、阿佐ヶ谷に誕生。宇和島が地元の福田光さんがオーナーの店だ。

 経営者になりたい――。17歳で上京し「経営者になる」という夢を抱きながら、さまざまな職種を転々とした。その中で、飲食店の経営に興味を持ったことから開業を決意するようになったという。開業資金を貯めるために金融業などで働き、その後飲食店で経営や調理に関して実践的に学んだ。

 開業のノウハウを知るためにプロに聞こうと、コンサルタントにコンサルティングを依頼。地元の海産物を使用する居酒屋を考えていることを話すと、魚を使った居酒屋での修業を勧められ、紹介された店で修業した。

 09年には地元へ帰り、仕入れルートの開拓をしながら、寿司店で地物の扱い方を学んだ。調理技術、経営ノウハウを身に付けた福田さんは、同年4月に再上京し、開業に向けての準備を開始した。

 

           

店内カウンターとテーブル席を設けた落ち着いた雰囲気の店内

 

 

お客に迷惑をかけないよう

飲食経験者でそろえたスタッフ

 

 「妥協はしたくなかったので......」。出店立地は開業後の売上げを左右するため力を入れ、定職には就かずに探したという。しかし、現場から離れ過ぎないようにと、週数回は飲食店で働いた。

 物件の取得まで約7ヵ月、見た物件は50軒にも及んだ。「阿佐ヶ谷はよく来てたので土地勘があり、飲食店の多い通りは雰囲気が良かったので決めました」

 求人募集をかけ、集めたスタッフは全員飲食経験者。「人件費はかかりますが、お客様に迷惑をかけないように、そうした方が良いと考えました」。だが、全員オープニングの経験はなかったため、開店日は告知せず、徐々にオペレーションを整えることにしたという。

 「開店するまでは、開けることで精一杯だったので、店頭看板やメニューブックなど、改善すべきところがまだまだあります。今後は、集客対策と一緒に、細かい改善を行っていく予定です」

 最近注目されている、地方の地物を東京で消費する"地産他消"。同店では、宇和島で捕れた海産物の魅力を、東京は阿佐ヶ谷から発信していく。

 

           

料理漁港直送の季節の鮮魚を使った「宇和島の三点盛り」(980円)

 

 

■■開業ポイント■■

業態のポイント

 地元・宇和島で捕れる魚介を使った居酒屋をやろうと決めていた福田さん。店名には"宇和島漁港直送"のコンセプトを明記したショルダーネームをつけ、どんな店なのかわかりやすくした。現在近隣に、魚メインの店がないため、差別化できているという。

内装のポイント

 元焼鳥屋のほぼスケルトンで契約。ダクトやエアコン、トイレは残っていたが、その他は全て造り直した。以前は厨房があった店内奥には、小上がりを設け宴会に対応。魚メインの居酒屋はお客の年齢層が上がるため、落ち着いた雰囲気の店に仕上げた。

メニューのポイント

 福田さんが地元の知人に依頼し開拓した仕入れルートからは、毎日新鮮な魚介が送られてくる。愛媛県の郷土料理である「鯛めし」は、同店のオススメ。今後は、四国の料理や酒などを増やし、四国出身の人が集まる店にしていきたいと話す。

 

■■Shop info.■■

住 所:東京都杉並区阿佐谷南3-37-5 エレガント阿佐ヶ谷1

TEL03-6383-5255

営業時間:日曜~木曜17:0024:00、金曜・土曜17:00~翌4:00

定休日:無休

 


大きな地図で見る

 

■■Shop data■■

席数/坪数:30席/18

客層:3040代、家族連れ、近隣住民

客単価:3,500

1日の平均来客数:25

目標月商:350万円

[資金]

自己資金:300万円

借入金:2,300万円

TOTAL2,600万円

[支出]

物件取得費:500万円(19.2%)

内装工事費:1,000円(38.5%)

什器・備品費:300万円(11.5%)

運転資金:800万円(30.8%)

   

新しい飲食店開業4月号

「独立開業応援雑誌『新しい飲食店開業』4月号より転載」

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(4.29) 総合:(30) 投票回数:(7)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/391
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 5新しい飲食店開業 / 『独立開業・繁盛ノウハウ』~開業者インタビュー 『宇和島漁港直送 旬魚と鯛めし がいや』/鮮魚居酒屋/阿佐ヶ谷~

飲食店の開店・改装ならお任せ