飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

『新しい飲食店開業』独立開業、繁盛店づくりに役立つ専門情報誌

『独立開業・繁盛ノウハウ』~わたしの独立ストーリー(と独立後も続くストーリー)/『炉端焼き 一歩一歩』~

  • 2010年3月 3日 09:31
  • アクシュニュース

失敗から学ぶことを忘れない

大将 大谷順一さん常に前を向いて歩き続ける大将

 

 

■□プロフィール■□

大将 大谷順一さん

1974年生まれ、葛飾区亀有出身。祖母が営んでいた八百屋を18歳から手伝い、その後飲食の道へ進む。和食、居酒屋業態を経験し、13年目の20073月『炉端焼き一歩一歩』をオープンした。

 

 

変わらずにあるために変わる!

理念達成のために変化し続ける

 

 今の場所に出店を決めた時、地元の事情をよく知る同業者やスタッフに強く反対されたという。それというのも『炉端焼き一歩一歩』が出店しようとした場所は、人通りの多いメインストリートから一本折れた小さな通りに沿ってあったからだ。「これより先では、何をやってもダメ」というのが通説だった、と当時を振り返って大谷さんは笑う。

 

 結果は、北千住でもまれに見る成功を収め、地域の大繁盛店として名を馳せている。「これより先では、何をやってもダメ」だった通りには、同店の成功後7軒もの飲食店がオープンした。地域の活性化にも一役買った格好だ。

「地域に愛される店づくり」は、創業当時から変わらない目標だった。また、お客さんの喜びに対して妥協した日は1日もない、と大谷さんが胸を張るように、「すべてはお客様の喜びのために」という経営理念は少しも揺るがない。「日本の食文化を伝える」という思いは、オープンから3年が経った今も強まるばかりだという。

「もっと伝わるように伝えたい」。創業当時はカウンターにディスプレーしていた炉端焼きの食材は、今、かご盛りにしてお客のもとへ手持ちするスタイルに変わった。変わらずにあるために変わる。それが大谷さんのやり方だ。

 

 

  経営理念 

(Q&A)

Q.ずばり、繁盛のコツは何でしょうか?

A.「扉を開けやすい状況を作ること」が大事だと思っています。しかも、それは造り付けの外装が作るのではなく、中で働く「人」が作るものです。

僕がスタッフによく言うのは、「何分に一度入口を意識しているか」「外を歩いている人と何度目が合うか」です。目が合った時に「こんばんは」と声をかける。その時に足が止まって、足の向きがほんの少し変わりますよね。それがすごく大事で、「何の店ですか?」「こういう店なんですよ。寄ってくださいね」というコミュニケーションがとれる。

うちは、ぐるなびでも一番安い条件でしか掲載していませんし、雑誌の取材も断ることが多いです。目の前を通っているお客さんに声をかけることが、一番の販促だと思っています。

 

Q."お客さん満足度"をとても大事にされています

A.お客さんの喜びに対して妥協した日は1日もない、です。

扉を開けてくれたら、大きな声で「いらっしゃいませ!」って言うことで、最初のインパクトを与えられますよね。席に着いたら、食材を盛ったかごを持っていって、「おいしそう」「おいしいですよ」って会話の中で注文も決まっていく。メニューを見て注文を決めるのでは、つまらないですよ!

初来店のお客さんには「今日、入ってよかったですか?」と聞いて、中間でも印象を強く残してもらう。会計後は、手書きのメッセージ入りミカンを渡して、背中が見えなくなるまでお見送りします。そういうのがイヤという人もいます。でも、「ここまでやるんだな」と思ってくれるお客さんがうちのお客さんだと思っています。

 

「今日も出会いにありがとう」など、手書きメッセージ入りミカン

 

手書きメッセージ入りミカン 

Q.閉店した2号店について、お聞かせください

A.20089月に2号店を出したんですが、次の年の9月に閉店しました。鼻が高くなっていたんですね。1号店では、売上げがずっと右肩上がりでしたから。でも、折られてしまって。

営業していた1年間で、8人いたスタッフが5人やめてしまったんです。なぜだ?って。3ヵ月は考え続けました。僕は1号店のオープン以来、ずっとお客さんの満足度アップのためにがんばってきました。でも、従業員満足度はどうだっただろう、と。

㈱一歩一歩の新しい存在価値は、「全スタッフを守り、幸せにすること」としました。利益は、スタッフの「生活水準を高める」ために使うことも明記しました。今度また2号店出します。場所は決まっています。この2階です。

 

 

  存在価値 

Q.2号店を出す時の注意点はありますか?

A.1号店を開く時は誰でも、「絶対にお客さんに満足してもらいたい」と思いますよね。その気持ちさえあれば、どこでやってもうまくいくはずなんですよ。でも、2号店はそうはいかないみたいです。

 2店舗目となると、1号店とスタッフを割るか、オーナーの自分が立つか、店長に任せるかになりますよね。一つ目の方法だと、半分は新メンバーなのでモチベーションに差が出る。自分が立つと1号店が気になっちゃいます。店長に任せても、思いがちゃんと伝わっているか不安ですよね。

 1号店は成功して、2号店を失敗する人は多いですよね。出す時は、自信の塊だから1号店と同じやり方をしてしまう。スタッフも店もお客さんも違うのに。気をつけなきゃいけないですね。

 

 

■□オープンしてから・・・ ココを変えた!■□

「飾る」から「持っていく」へ!

炉端焼きにする食材を、オープン当初はカウンターの上に「飾って」いた。しかし、生産者の思いを"伝える"という当初の目的を思い直し、待ちの姿勢をやめた。かご盛りにして、スタッフがみずからお客のもとへ「持っていく」方法に変更。コミュニケーションの種にもなっている。

 

月に1回、接客研修を始める!

オープンして半年間は、閉店後の1時から5時まで毎日ミーティングを開いていた(10時に出勤)。疲れるスタッフが増え、月に1回、参加者が楽しめる接客研修に変更した。例えば、「モノマネ研修」。オーバーアクションの練習に動物のモノマネをして、それを他のスタッフに当ててもらう。他人に伝わる表現力を養う。

 

 

  食材 

■□オープンしてから・・・ ココは変わらない!■□

国産の食材にこだわり!

「日本の食文化を伝えたい」というコンセプトは、開業当時から変わらない。後々、カロリーベースでの日本産食材の提供量を星の数で表す「緑提灯」(http://midori-chouchin.jp/)にも参加。実際は90%以上を達成しているので満点5つ星を名乗れるのだが、「謙虚に4.5コにしています」と大谷さん。

 

コミュニケーションを大切に!

「飲食店で食べ物が美味しいのは当たり前。その上で人=接客が大事」と語る大谷さん。同店にはコミュニケーションの種が多く隠されている。例えば、地鶏の一夜干しをお客の見える場所で干す。気がついたお客が、スタッフに尋ねる。コミュニケーションが生まれる。

 

 

■□今だから言える! 成功のコツ■□

ボトムアップが"やる気"を引き出す!

社長の思いだけで走ってはダメです。スタッフは反対できないし(笑)、窮屈になるから。逆に、なぜがんばろうと思うのか。それは充実感と達成感と感動があるからですよ。その3つを得るためには、やりがいが必要です。やりがいを感じるのは、自分の意見が通った時。スタッフから自然に「やりましょう!」という声が上がったら、イケますよ!

 

 

■□shop info. ■□

『炉端焼き 一歩一歩』

東京都足立区千住3-53

TEL03-3870-9395

営業時間:17:3024:30

定休日:無休

 

■□shop data■□

坪数:18

席数:38

客層:20後半~50代男女

客単価:4,000

 


大きな地図で見る

 

新しい飲食店開業3月号 

「独立開業応援雑誌『新しい飲食店開業』3月号より転載」

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(4.75) 総合:(19) 投票回数:(4)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/372
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 5新しい飲食店開業 / 『独立開業・繁盛ノウハウ』~わたしの独立ストーリー(と独立後も続くストーリー)/『炉端焼き 一歩一歩』~

飲食店の開店・改装ならお任せ