飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

飲食店失敗の研究 第20回「居抜物件で開店詐欺か?」

  • 2009年6月10日 15:46
  • アクシュニュース

サラリーマン向けの飲み屋の居並ぶ商店街に、A店がオープンしたのは今年の1月だった。居抜店舗を紹介する専門業者からの紹介で、僅か6坪だが自分の1号店を開店させたのはBさん。

 

 

Bさんは、ある有名な外食企業の社員として勤務していたが、会社には内緒でサイドビジネスを始めた格好。だから、店に出るわけには行かないので、店長には旧知の料理人であるCさんをあてがい、対外的にはCさんがオーナー板前ということでスタートした。

 

 ホールには、Cさんが以前自分とペアを組んだことのあるDさんに声をかけて、開店メンバーになってもらった。

 

 Cさんは経験を積んだ料理人だけあって、メニューの構成も味の作りこみも堂に入ったものだった。この商店街のサラリーマン向けとしては平均よりも若干高めの価格設定ではあったが、サブプライムショック後に出店していることもあり、客単価を3千円台に抑えようという意図はあった。

 

 1月のオープンだから、1月、2月は我慢のときだということは、最初からわかっていたことだった。

 それにしてもお客の入りが悪かった。内装は居抜のまま極力資金を投下せず、お客には最低限のしつらえだった。それでもCさんとDさんは一生懸命に毎日店を開けていた。

 

 3ヶ月目に入り、本来であれば、そろそろベースになる固定客らしき層が形成されてくる時期だった。突然、Aさんと連絡が取れなくなった。自宅にも携帯にも応答がなくなった。

 

 結局、業者への支払いだけでなく、店舗従業員への給料も.未払いのまま、Aさんは失跡する。

 

 考えてみれば、超人気の商店街に路面店を開業するにしては、事業の計画は甘いところだらけだった。Aさんには、はじめから事業を成功させる積りがなかったのではないか?とささやく関係者もいるくらいだ。

 

 運転資金の融資には渋る銀行も、新規店舗の開業というイベントには、設備投資という大義名分が立つ分だけ貸す側としての姿勢が緩くなる傾向がある。こうした状況を巧みに利用した、詐欺まがい行為ではなかったのかと被害者は自問を続けている。

 

この連載は、すべて実話を基に構成しています。(杭杉能美子)

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(1.36) 総合:(19) 投票回数:(14)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/25
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / 飲食店失敗の研究 第20回「居抜物件で開店詐欺か?」

飲食店の開店・改装ならお任せ