飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

▼おいしい焼酎講座 第120回~今年のお酒トレンドはどうなる?!~▼

  • 2017年1月31日 09:22
  • アクシュニュース

 新しい年がスタートしました。今年の干支は「酉(とり)」ですが、漢字は「酒つぼ」を模したものと言われ、収穫や実りを表すと言われています。酉年の出来事は、2005年には郵政民営化にともなう解散など、大きな政局もあり、都議選を控えて、今年は激動の1年になるのかもしれませんね。

 

 お酒に関して言えば、2016年の昨年は、大手ビール5社のビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の国内総出荷量が昨年に比べて2.5%減少するなど、人口の減少やライフスタイルの変化などが、実数値となって現れつつあり、過度な飲酒や未成年の飲酒を予防するなど一定の啓発もしつつ、飲み方や楽しみ方など消費環境の裾野を広げていくことが求められる時代になっていると言えるでしょう。

 一方で、焼酎については、アルコール度数が高いことから、割り方を通した飲み方の浸透が必要で、水やお湯、あるいはお茶など、飲酒シーンを見極めながら、ビールのような手軽に飲めるお酒の1つとして、選択されていく地道な提案が不可欠といっても過言ではありません。

 

 加えて、日本酒の蔵元が、次の世代に杜氏の若返りを図ったり、蔵元が直接消費者とコミュニケーションするイベントに出向くなど、消費のタッチポイントとなる現場へのアプローチが、地道に成果を上げつつあることからも、やはり広告や販売現場としての販路拡大だけでなく、消費者とのOne to Oneのダイレクトなメッセージやアプローチも累積的に消費につながることを示しているとも言えるでしょう。

 

 こうした商品現場では「ストーリー」や「歴史や成り立ち」こそが商品を語る上で重要なコンテンツとなっており、「なぜつくられたのか」や「いつから作られたのか」といった商品の起源を遡っていくことに、商品の無形な付加価値が見出されます。長きに渡る伝統も大事ですが、新しい杜氏や蔵元であっても「作るきっかけ」をきちんと言語化し、伝達可能な状態にすることが、口コミなどソーシャル時代において、商品の存在を消費者の「中に」存在させる上で重要となっています。

 

 焼酎王国と言われる鹿児島でも、約40年ぶりに醸造された日本酒「薩州正宗」など、焼酎の周辺環境が復活や復刻でも賑わってきました。今一度、商品の価値を「知っている商品だから」ではなく、今一度商品について成り立ちやつくり手の思いを棚卸しし、言語化する。そうしたおいしさの「言語化」ことが、この激動の時代に商品がそれだけで伝播していく口コミ時代に生き残るスタートラインといえるでしょう。

 

 市場全体のトレンドは、厳しい状況が想定されますが、全体の流れよりも、「自分たちのおいしさ」を伝えていく。そんな努力が求められていく1年と言えるのかもしれません。
この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/2139
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / ▼おいしい焼酎講座 第120回~今年のお酒トレンドはどうなる?!~▼

飲食店の開店・改装ならお任せ