飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

▼おいしい焼酎講座 第116回~秋の味覚は焼酎がうまい!~▼

  • 2016年9月28日 16:19
  • アクシュニュース
 実りの秋の季節がやってきました。店頭には旬のサンマが並び、松茸や栗ご飯など、秋を彩る食材や料理が目につくようになってきました。お米も新米が登場し、いよいよ食材が最も充実するシーズンがやってきます。

 さて、そんな豊かな食の時期に合わせるお酒としてどんなものがよいか。ビール業界では、「秋専用」のビールを発売し、特にコクや濃厚さを強調した商品が展開されています。日本酒も冷やおろしなどほどよい熟成を訴求するなど酒と肴のマリアージュ提案は競争激しい季節になっています。
 一方、焼酎も組み合わせる酒としては、決して負けてはいません。蒸留酒という特徴を活かし、その風味を秋の味覚を引き立てるように組みわせてあげれば、食前酒、食中酒、食後酒として十分楽しむことができるのです。

 軽く、そして甘みがある芋や米焼酎で、食事前の口内リフレッシュをしたら、松茸や旬の焼き物など、香ばしい香りをそっと添えてくれる麦焼酎。そして、最後に、イタリアでいうグラッパのように、濃厚で甘い香りを持つ芋焼酎の原酒をもってくれば、秋の季節を楽しむマリアージュを焼酎のみで最初から最後まで組み立てることができます。

 無論、香りは繊細な世界。それぞれの銘柄ごとにある特徴やクセを把握しながら、食材とのマッチングを探求していけば、焼酎の幅広い銘柄も単なるラインナップの豊富さではなく、豊かなマリアージュの選択肢として活かすことができるでしょう。

 秋の季節は兎角、ビールや日本酒が注目されがちですが、焼酎の「香りの繊細さ」を活かした、上品なマリアージュ提案。是非、コース料理やメイン食材毎に組み合わせる焼酎をセレクトし、お客様や友人に提案してみてはいかがでしょうか。

 そして、冬には、お湯割りでホッとできる香りを楽しむ季節もやってくれば、時間と温度で無限大に広がりを持つ焼酎の世界観に魅了されること間違いありません。

 さあ、年に1度の収穫の実りを、焼酎とともに楽しみましょう。
この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/2083
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / ▼おいしい焼酎講座 第116回~秋の味覚は焼酎がうまい!~▼

飲食店の開店・改装ならお任せ