飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

▼おいしい焼酎講座 第115回~焼酎を世界のSHOCHUにするために~▼

  • 2016年8月30日 14:37
  • アクシュニュース
 今月行われたリオのオリンピック、とても盛り上がりましたね。日本のメダルもたくさん取れて、地球の裏側の盛り上がりが日本にも届くかの如くでした。そんなオリンピックの次の開催都市は日本。4年後に向けて、世界中の人々が日本にやってくることから、日本の食材や料理のアピール合戦も熱い戦いがはじまりつつあります。


 世界でどんなお酒が流行るのか。主流はやはり「醸造酒」と言われるお酒。ビールやワインがやっぱり人気。味のバリエーションや種類の豊富さから、世界中どこでも嗜好されているといえるでしょう。一方「蒸留酒」と言われるお酒はカクテルやチューハイのベースとなるお酒など、「何かと合わせる」ことが呑み方の王道。ジンやテキーラ、ウォッカなどはカクテルに欠かせないものですし、ウイスキーやブランデーはロックでストレートな呑み方はあるものの、アルコール度数が高く、幅広い客層を獲得するのは難しそうです。
 また、海外にいくと、宗教上の理由やその国の文化としてアルコール自体をあまり多量に呑まなかったり、そもそも敬遠されていたりすることもあり、度数の高い「蒸留酒」で、消費者を獲得していくことはかなりハードルの高い販路開拓となることでしょう。短期的に、催事やイベントで売上があがったとしてもやはりお酒は「食文化」に欠かせないもの。「長く」愛されるお酒になることを目指した告知をしていかなければ、海外に打って出る意味が得られないことでしょう。

 

 そうした点では、「日本酒」の「料理とのマリアージュ」を主軸とした海外の営業活動は、少しずつ実を結んで来ており、海外の飲食店に行くたびに「食との提案の大切さ」を改めて実感します。単なる「お酒」の嗜好性ということを超えて、「どんな料理に合うのか」を突き詰める。塩辛いもの、酸っぱいもの、甘いもの。それぞれ料理には味の特性があり、それらを引き立てたり、控えめにしたり、「お酒×料理」は、「おいしさ」をつくり上げる上で「車の両輪」といっても過言ではないのです。

 

 したがって、海外に進出することを目指すのなら、「お酒」の販路開拓以上に「日本食」とのマリアージュはもちろん、それぞれの国に根付く食事とのマリアージュと組み合わせることで、言葉も文化も違う人々にとって「おいしい」という腑に落ちる瞬間を共有することができるでしょう。現地の食材や材料、あるいは日本と類似する現地の料理など、組み合わせの可能性を広げながら「これ!合う!」というシーンを1つでも増やしていくこと。見知らぬ相手といきなり結婚はしないように、まずは我々日本人が、海外に出向き、そこで培われる食文化を謙虚に学ぶ姿勢から、スタートするのかもしれませんね。

 

 郷に入れば郷に従え。まずは、日本食の素晴らしさ以上に、相手の国の食文化を尊重する姿勢から、お互いを知り、マリアージュにつなげていきたいものです。
この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/2069
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / ▼おいしい焼酎講座 第115回~焼酎を世界のSHOCHUにするために~▼

飲食店の開店・改装ならお任せ