飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

▼おいしい焼酎講座 第112回~焼酎で健康になる?!~▼

  • 2016年5月31日 08:51
  • アクシュニュース
 いよいよ夏に向けて日差しも気温も高く、また蒸し暑い毎日がやってきました。梅雨の時期のジメジメ感は、気分が滅入りますが、ネガティブな気持ちにならず、しっかりとしたいつもの食生活を維持して、健康を保つようにしていきたいものですね。

 さて、そんな憂鬱な気分を晴らそうとお酒を飲むのもよいですが、量とスピードはほどほどにしなければなりませんね。とは言え、お酒が持つ「ほろ酔い」程度の酩酊状態は、気分をリラックスさせ、ストレスを発散し、適度なお酒が心身ともにリフレッシュさせてくれるため、「適量」での飲酒は食習慣として問題にする必要はないでしょう。もちろん、飲み過ぎた場合は、アルコール分解が遅れれば、頭痛や二日酔いにもなりますから、何事も「やりすぎ」はいけません。

 そんな焼酎に、「健康」として新たな期待される効果が確認されたという発表が鹿児島大学からありました。男女6名に、ビールや清酒、焼酎などを夕食時に呑ませた結果、本格芋焼酎を夕食時に飲用した場合、血糖値の上昇が抑えられたというものです。血糖値が上昇したり、変動が激しい状態が続くと、糖尿病を引き起こすため、血糖値の急激な上昇を抑える機能性を有する食品や飲料は注目がされています。毎日の飲酒の中で、血糖値抑制が期待されるのであれば、無理なく続けることのできる一つの方法として、改めて焼酎とのつきあい方が注目されることでしょう。

 とは言え、ビールや清酒と異なり、醸造酒ではなく「蒸留酒」という糖質オフな酒類であるため、この研究結果は、当然といえるかもしれません。むしろこれに安心して、アルコール度数の高い蒸留酒を飲み過ぎたり、食生活が乱れたのでは、効果は期待できません。合わせて食べるご飯や麺類など炭水化物をたっぷり摂取してしまえば、トレードオフどころかむしろマイナスの影響さえ考えられます。

 結局のところ、お酒と食事は「適量」で「バランス」よくという当たり前の結論に従うしかないようです。それでも、楽しいお酒を一生涯にわたって楽しみたいのであれば、一時の勢いや、酔いすぎて判断が明瞭でない状態など起こさぬよう、上手な飲酒生活を続けたいものですね。そういう心がけそのものが、「健康を意識する」ということだと改めて認識し、この梅雨の時期を乗り越えて行きましょう。
この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(5.00) 総合:(5) 投票回数:(1)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/2025
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / ▼おいしい焼酎講座 第112回~焼酎で健康になる?!~▼

飲食店の開店・改装ならお任せ