飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

▼おいしい焼酎講座 第105回~焼酎は「量」から「質」の時代へ~▼

  • 2015年10月27日 18:46
  • アクシュニュース

すっかり秋めいてきました。空の雲は高く、朝陽や夕陽がとてもきれいに

見えます。実りの秋とはいいますが、秋空や紅葉など、心穏やかにしてく

れる風景美もまた秋の楽しみではありますね。

さて、そんな穏やかな気持をびっくりさせるニュースが9月に発表され

ました。鹿児島県酒造組合は、2014酒造年度(2014年7月~20

15年6月)までの本格焼酎の出荷量が、10年連続で全国1位だった鹿

児島県が首位陥落し、宮崎県に明け渡したことを明らかにしました。宮崎

のいも焼酎の出荷量は、10万3131キロリットルで、「黒霧島」の名

称で知られる霧島酒造が全国に広がり、県全体の統計を押し上げる要因と

なっています。

 一方、鹿児島県のいも焼酎の出荷量は、9万3040キロリットルと、

前年度比で7.1%も落ち込んでおり、「焼酎王国」が再び復活できるの

か、危惧する声も出始めています。

 

 しかし、これからの焼酎が目指すべき姿は「量」を競うことではありま

せん。かつて、焼酎がブームとして3回ほど酒類の中で大きく注目され、

外食にひろがったときはありましたが、いつも「ブーム」止まりで「定番

・定着」に至るのはごくわずかです。そして、この出荷量の落ち込みを「

ウイスキーや日本酒など他の種類に消費対象が移った」という声もありま

すが、そのような移り変わりを主軸に据えているようでは、酒を文化とし

、長く愛される酒類に昇華させることなどできません。

 

 世界を見渡せば、ワインやウイスキーに見られるように、酒を単なる嗜

好品から文化にまで高めることで、長い歴史の中で愛され、世界中から人

々が求めるマーケットが出来上がります。その点では、島国ニッポンの土

地いるにとどまるだけならよいですが、日本食の世界に対する広がり、「

國酒」としてのお酒として日本酒が復活、復権めざましい中で、「どっち

の県が出荷数量が多いか」といった南九州の県同士の争いに極言するよう

では、せっかくのおいしい「焼酎」というお酒のポテンシャルを切り捨て

てしまうようなものです。

 

 しかも、今の日本では、地域の個性あふれる作り手が増えつつあるクラ

フトビールや、「山崎」「竹鶴」に見られる醸造家の意志と想いを全面に

打ち出すことで、ウイスキーのプレミアム感が醸成されるなど、日本の

消費者がお酒に求めるニーズは、「量」から「質」へ大きな転換をしてい

ると言っても過言ではありません。どんなお酒を、どんなシーンで、ど

のように飲んだらよいか。作り手と注ぎ手のリレーによって、ようやく

消費者の喉に届くお酒をどのように楽しんでいただくか。「出荷量」より

「満足の量」を増やすための施策こそこれからの焼酎の発展に不可欠な

要素と言えるでしょう。

 

 飲食店においては、「あと1杯」という売上をあげることよりも、その

「1杯の満足」を満たしているかどうか。提供するグラス、割るための

水とその水質、提供温度など、こだわりの1杯を追求していくことがで

きれば、自然と消費者のオーダーも増えていくものです。「質」が「量」

に勝るという本質を理解できるか否か、それが、これからのお酒市場や

外食産業の中で生き残っていく成否を決めることになるでしょう。

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(4.67) 総合:(14) 投票回数:(3)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/1924
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / ▼おいしい焼酎講座 第105回~焼酎は「量」から「質」の時代へ~▼

飲食店の開店・改装ならお任せ