飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

▼おいしい焼酎講座 第101回~ネット社会に学ぶ焼酎の選び安さとは~▼

  • 2015年6月29日 10:44
  • アクシュニュース

 今年の梅雨は局所的に大雨だったり、どうも極端な気候になっているよ

で天気予報の全体像と、住んでいる地域とのギャップに、傘を持つか、

外出を控えるか、対策が立てづらくなっています。

 さて、そんな天気の悩みのように、焼酎もかつてのブームが過ぎ去り、

トレンドに左右される「全体的な」話から、各個別銘柄がそれぞれどのよ

うに販促していくか、と言った「個別的」なアプローチに切り替わりつつ

あります。いまや、焼酎のカテゴリが売れるからといって、自分たちの銘

柄も「勝手に」売れるほど甘い世界ではなく、売上という結果は、シビア

に突きつけられてしまいます。ましてや、日本酒やワイン、クラフトビー

ルなど、醸造酒が勢いを復活させてきているなかで、かつて売場の幅を効

かせていた焼酎は、いまや専門店を除いて、売場に確保される幅は限定的

となっています。つまり、焼酎の銘柄同士で売場の取り合いをするという

事態に陥っているのです。

 

 そんな状況で、どのように焼酎の売上をあげていけばよいのでしょうか

。販売の基本は、売場を確保し、POPや陳列でアピールし、そして消費者

に手にとっていただき、購入いただく。この基本原則は変わらないものの

、いまはこの売場の「前後」が重要な時代に入っています。例えば、消費

者の情報入手のメディアは、テレビからネットに時間の比重が移ってきて

いますし、マスメディアの「降ってくる」という情報のベクトルから、「

検索する」といった「能動的」な形で銘柄を知ることとなり、それは消費

者が焼酎の情報にアクセスするベクトルが180度逆を向いているというよ

うなものです。また、購入後の消費者の口コミを見て、商品をある程度絞

込み、店頭では迷わないようにするなど、売場の「外」で購入を決定する

要因や要素が増えつつあります。

 

 とはいえ、ネットで検索する時代に、大量の情報を自由に探し出し、自

分なりの一品を探すことは困難を極めます。多くの人にとっては、「何を

検索したらよいのか」「どっちがいいのか」というように、「選び出すこ

と」は多くの人にとって面倒くさく、困難な作業です。

 そこで、最近出てきたキーワードは「キュレーション」というものであ

り、大量の情報を取捨選択したり、整理したり、カテゴリ分けをすること

で、わかりやすく、選びやすくするというものです。

 

 では、そんなネット時代の状況を店頭に置き換えた時、「選びやすさ」

は店頭に実現できているでしょうか。Googleの検索のように、銘柄をサ

ッと入力すれば直ぐに検索結果が出て情報にたどり着けますが、多くの

消費者にとって、銘柄を覚えていることは「焼酎が好き」な人だけ。だ

から、「何を選んだらよいかわからない」人や、いま「決められない人」

は、Yahoo!のトップページのように「わかりやすい整理」や「簡単な説

明」があるほうが、情報を選択し絞り込んでいきこみやすいのです。あま

り考える必要なく、クリックしていくだけで情報にたどり着けるYahoo!

のようなわかりやすさを店頭に実現するとすれば、トップニュースのよう

な「オススメ5つ」ぐらいが店頭に情報としてまずあり、そして「自宅用

」なのか「贈答用」なのか、購入の目的が分岐されそして「味」や「シー

ン」など目で追いながら銘柄が絞り込めたら、これほど便利なことはあり

ません。つまり、今の焼酎売場は「全体から個別」にしぼり込むための「

情報」と「ナビゲーション」が不足しているということなのです。

 

 ワインでいうソムリエみたいな形は理想ではありますが、人手がかか

ります。ハイエンド商品はそれでいいとしても、普段やちょっとしたギ

フト程度の商材は「自分で選び出す」ほうがはるかに便利で購入しやす

いのです。酒税法上の表記など、法律的規定されている表記をすること

も大事ですが、「選びやすさ」としての情報の掲出やナビゲーションをど

のように売場に実現していくか。売場の陳列も分岐するように配置する

など、「陳列ナビゲーション」を実現し、リアルな売場が「検索サイト」

のような探す楽しさを演出できたら、ちょっとどころかとても楽しい「焼

酎探し」になることは間違いありません。

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/1868
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / ▼おいしい焼酎講座 第101回~ネット社会に学ぶ焼酎の選び安さとは~▼

飲食店の開店・改装ならお任せ