飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

▼おいしい焼酎講座 第90回~今年の夏はフローズン酒が沸騰中~▼

  • 2014年7月23日 15:43
  • アクシュニュース

梅雨が開け、まもなく夏がやってきます。冷夏予想はトーンダウンし、例年どおりの猛暑がやってくる見込みです。キンキンに冷えたビールや冷酒が持て囃される中、今年はお酒の世界に『フローズン』が席巻してきています。

温度をお酒に活かすトレンドのはじまりは、ビール業界からはじまりました。今年も全国各地で期間限定のバーが展開される氷点下ビールとして話題の「エクストラコールド(アサヒ)」や、シャリシャリの泡が特徴的な「一番搾りフローズン(生)(キリン)」の登場により、お酒の温度を変えて楽しむことが一般化したといえるでしょう。

 

 そして、今年はビールだけにとどまらず、チューハイ市場では「氷結スムージー」や「スミノフ(R)フローズン」などカクテル市場にも広がり、梅酒や日本酒においても商品がゾクゾク登場してきています。

 

 酒類市場全般的に「氷(フローズン)」が強調される中、焼酎も負けているわけには行きません。これらの「フローズン」に表象されるのは「食感の新しさ」と「温度」という新しい味わいを提供しているということ。焼酎だって工夫できることはたくさんあります。

 

 まずは「焼酎×かき氷」の割り方。大きな氷よりもかき氷マシンでシャリシャリの食感になった氷で「焼酎割り」を作れば、いつもの焼酎もすぐに冷え、そして食感の違いも味わえるでしょう。特に芋焼酎で甘さがつよい焼酎を用いれば、バーで提供される「スピリッツ」のカクテルと互角に戦えるほど、焼酎の世界感はグッと広がることでしょう。

 

 また、最近話題の「フレーバー氷」も注目です。鹿児島では定番になりつつある焼酎の「緑茶割り」。この「お茶」で「氷」をつくり、氷割りするというもの。溶けながら味が交わっていく様は、これまでの焼酎とは、味の印象も変わることでしょう。もちろん、よりカクテル風の味わいを求めるのであれば、マンゴーや柑橘類などのジュースを用いてもよいでしょう。注意点は「糖度」が高ければ氷にくくなるため、低果汁かもしくは水で希釈したジュースにする工夫も必要な点です。

 

 一方、焼酎そのものではなく、「酒の肴」にシャリシャリを求めてもいいかもしれません。かき氷とポン酢をあわせて、鰹のタタキと合わせたり、あるいは食事でなければ、「サツマイモのアイス×いも焼酎」なんて組み合わせも材料が同じで食感や形状が異なるという点で味わいの面白さが楽しめるかもしれません。

 夏場は気温が暑いからこそ、冷たいものを準備したり、あえて体を冷やさない温めたものを提供したり、その「温度への気の配り方」が、相手への「おもてなし」になってきます。家でも、お店でも、一緒にお酒を酌み交わす人と人との「温度差」を、心地よい「温度差」で補っていけたらいいですね。

 

株式会社味香り戦略研究所

ソリューションサービス部長 菅 慎太郎

SSI認定焼酎アドバイザー

鹿児島大学ルネッサンスアカデミー(焼酎学講座)経営管理コース講師

詳しくは

 

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/1714
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / ▼おいしい焼酎講座 第90回~今年の夏はフローズン酒が沸騰中~▼

飲食店の開店・改装ならお任せ