飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

おいしい焼酎講座 第83回~"産地呼称"が果たす役割とは~

  • 2013年12月13日 09:56
  • アクシュニュース

大阪のホテルを中心に全国的な騒動となった「食品誤表示」の問題。信頼していたホテルが、食材と表示が違っていたなんて、と不安に思う消費者が多かったに違いありません。しかし、メディアに取り上げられたこともあって、多くの真面目に愚直に取り組む企業や生産者までも疑われたことは、いまだ、生産者と消費者との間には、「表面的な」信頼関係であることや、消費者の目利きも「表示」や「表現」頼りでしかないことも明らかになりました。あらためて「消費者の安全・安心」とはなにか、作り手も売り手も買い手も、みな考えさせられたに違いありません。

 

 かくいう焼酎においては、かつての汚染米事件などトラブルを乗り越え、蔵元、地域、協会踏まえ消費者の安全と安心への取り組みを進めてきたことは「知られなくて」よい努力かもしれませんが、見えない取り組みは着々とそして連綿と受け継がれながら、あたりまえの努力を続けられています。ヨーロッパを中心にお酒の作り方や原材料について厳しい取り決めを定める「醸造法」とは違い、日本は、アルコール度数に応じた「酒税法」がその法的拠り所になっています。したがって、シャンパーニュ地方で作られたものしか「シャンパン」を呼称出来ないように、日本では「製造」を担保するためには、独自に基準を定めるしかなく、それが「産地呼称」として形になっています。

 

 特許庁の「地域団体商標制度」の認定を受け、世界貿易機構(WTO)が設定した原産地呼称として、焼酎では4つの呼称が存在しています。鹿児島のいも焼酎を対象とした「薩摩焼酎」、沖縄の泡盛は「琉球泡盛」、お米の「球磨焼酎」、麦焼酎発祥の地と言われる「壱岐焼酎」がその厳しい基準と審査に基づいて認められた「証」なのです。

 

 しかし、これらの「産地呼称」は、本質的には必要のないものです。きちんとした基準と努力と監視の目があれば「あたりまえに」満たしてよい基準であり、「おいしくなければ消費者が離れていく」という市場の原理によって、いい商品は結果として淘汰されていくからです。とはいえ、作り手に比べて、情報の非対称性といわれるように、「消費者」がその製造や原材料、衛生環境や保管など細かな生産における背景や状況を知る由もなく、結果としてこのような「呼称」の存在は「消費者の安心の利便性」には大きく寄与することも忘れてはなりません。

 

 今回の「食品誤表示」問題を考えると、こうした「商標」や「ブランド」「呼称」は消費者にとって、より優れた商品を選び出すために寄与するものの、「表示」そのものが「目的化」してしまうことで、誤りやミスコミュニケーションが生まれてしまう、まさにそれが表裏一体であることを痛感させられた出来事でした。

 

 「産地呼称」が果たす役割は「選択の証」であると同時に、この呼称の背景をどのように消費者にコミュニケーションしていくか。そしてその先には、消費者の「目利き」する力を高めることで、よりよい商品を選ぶ関係性をどう構築できるか。

おいしい焼酎を作り、そして消費者はそれを享受するためにも、「呼称」を「表示」として見るだけでなく、その背景を探りながら、おいしさへの「努力」を共感できる関係になれたとしたら、そこではじめてフランスのワインのように「産地」をみんなで守っていく機運を作り出すことができるのでしょうね。

 

株式会社味香り戦略研究所

ソリューションサービス部長 菅 慎太郎

SSI認定焼酎アドバイザー。

鹿児島大学ルネッサンスアカデミー(焼酎学講座)経営管理コース講師。

詳しくは

 

 

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(3.00) 総合:(9) 投票回数:(3)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/1599
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / おいしい焼酎講座 第83回~"産地呼称"が果たす役割とは~

飲食店の開店・改装ならお任せ