飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

おいしい焼酎講座 第74回~焼酎とうまく付き合っていく~

  • 2013年3月15日 11:18
  • アクシュニュース

☆今日は少し焼酎に関する真面目なお話。「お酒」の効用といえば、そのほろ酔い具合によって、気分がよくなる、ストレス解消、会話が弾むなどたくさんのメリットがあるものの、自身の体とちゃんと向き合えなければ、悪酔いや肝臓への負担、アルコール中毒など、一線を越えてしまうだけで人生にとって大変なことになる。だからこそ、お酒は「大人の嗜み」であるわけで、「自立と自制」を伴った、お酒との付き合い方が、お酒を楽しむ上で求められる訳です。

 

さて、これから春のお花見シーズンにあたり、新社会人や新成人が新しい生活や新しい出会いを迎え、お酒を飲む機会も増えてくる所。ここはひとつお酒の先輩として「模範」となる飲み方をみせてあげたいものですね。強要やセクハラはもちろんご法度。アルコールに弱い人も強い人も、自分のペースに合わせて「お酒」が「主(しゅ)」ではなく、そこに集う人との「交流や会話」こそ中心で「宴(うたげ)」は進んでいかなければなりません。酒豪が多いと思われている九州でも、それぞれのお酒のペースに配慮するのが宴席の親(=進行役)の役目。注ぐ焼酎も弱い人なら少なめに、あるいは割り水を多めに。強い人にもちょっと休憩の「水」をそっと差し出す。そうした宴席にきたすべての人が心地よい「ほろ酔い」を作り出せるかどうか。それが楽しいお酒の宴(うたげ)となっていくのです。

 

自分自身のお酒の限界ってご存知ですか?若いころの武勇伝を語るのは、酒の肴(さかな)までにしておきましょう。年齢とともに脂肪がふえていけば、アルコールの処理能力は低下していくと言われています。同じ量は飲めない体になっていくのです。焼酎は他のお酒に比べアルコール度数が高い部類。25度のストレートで飲んでいたらあっという間に許容量を超えてしまいます。鹿児島では、地元の酒盛り用に20度の焼酎があるぐらい。飲み方に合わせて度数をわきまえるというのも大切なポイントです。水で割る、お湯で割る。強い酒が飲めることを誇ることを称賛しないのも大人の役目です。

 

そんなことも踏まえて、少し前に鹿児島の方々と焼酎を東京で飲む機会があったとき、意外なことを言われました。「東京の焼酎水割りって濃いですよね」と。どうも、たくさんの焼酎を呑む鹿児島の人たちは、量をわきまえてあ予め薄めに割っているのが通常の飲み方。東京は1杯、2杯の世界なのか、鹿児島の人達からすれば倍ぐらい濃い状態でお店に出されているようです。比較してみなければ分からなかった点。ほろ酔いの飲み方を人生の先輩から学んだのでした。春の宴席はどうか控えめに・・・。

 

株式会社味香り戦略研究所 ソリューションサービス部長 菅 慎太郎

SSI認定焼酎アドバイザー。

鹿児島大学ルネッサンスアカデミー(焼酎学講座)経営管理コース講師。

詳しくは

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/1414
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / おいしい焼酎講座 第74回~焼酎とうまく付き合っていく~

飲食店の開店・改装ならお任せ