飲食業界初! 居酒屋・レストラン・バーなど飲食店でのお酒(生ビール・焼酎・日本酒・ウイスキー・ワイン)の売れ筋ランキングやトレンド、飲食店経営の成功の秘訣、飲食店の集客・販促アイデアなどを発信

飲食店経営の成功の秘訣・お酒に関するコラム

おいしい焼酎講座 第82回~世界中で人気UP!「香り」を楽しむお酒~

  • 2013年11月18日 16:35
  • アクシュニュース

世界遺産に「和食」が認定されるニュースが話題となり、無論それにあわせる「日本酒」は「和食ブーム」と相まって世界中で人気となっています。「お酒」を売り込むことに必死だった時期に比べ、「食」が流行ると「酒」も流行る。あっけない日本酒の広がりに、昔の売り込み方は一体なんだったのかと思う一方、改めて「お酒」は「食事」とのマリアージュがいかに大切なモノか、痛感させられます。

 

 さて、そんな和食ブームとは別に、世界中で注目され、そして人気を急拡大させているお酒があります。それが「フレーバードウイスキー」です。要するにウイスキーに別のフレーバーが付いたものなのですが、「チェリー」や「ハニー」「キャラメル」などの甘い香りのフレーバーが展開されており、落ち込み気味だったウイスキーの売上の急回復に貢献していると言われています。特に、お酒離れといわれる20代~30代の支持率が高く、アメリカ、カナダといった北米地域では、パーティーシーンやクラブシーンの支持が高いとか。日本にも今年から上陸し、外食産業先行で提供されていますが、早くも「小売販売して欲しい」という声も出るぐらい人気沸騰となっています。

 

 でも、「蒸留酒」で「甘い香り」がして・・・日本にもあるじゃないですか。何かを添加しなくとも、そのままで人気の要素を持っているお酒。「芋焼酎」はまさにこの"フレーバード"と言われる要素を素から持っているお酒。ホクホクした焼き芋のような香ばしい香りもあれば、スイートポテトのような甘い香りも持つ。この世界的に広まる「フレーバード」の流れに合わせて、「いも焼酎」の「香り」についても見なおしてみてもいいかもしれません。

 

 「香り」を立たせるならば、「温度」が上がれば分かりやすくなる。本場鹿児島では、「お湯割り」がメジャーですが、東京など都市圏ではまだまだロックや水割りが主流となっている状況。上京した鹿児島の友人も「冬でもロックなの?」と驚いていましたが、そんな「常識」と思っていることも見方を変えればまだまだ焼酎の良さを伝えるきっかけは見つかるはず。是非ともこの冬には、湯気にともなって甘い香りが立ち、飲んでもお腹からあたたまる「芋焼酎お湯割り」を飲食シーンに広げて欲しい!と思います。

 

 商品の味のトレンドは、年々変化をします。それに合わせて新商品を作ることももちろん必要だとは思いますが、見方を変えて、飲み方を変えて、改めて商品の良さをわかってもらう。そうした「切り口」によっても、時代のトレンドにマッチさせることは十分可能です。焼酎ブームに乗っかることだけを考えてきた過去の反省を踏まえて、いま一度、焼酎の「普遍的なおいしさ」を時代にあわせて提供してほしいと思うばかりです。さあ、人肌、ぬる肌、お湯の温度にもいろいろありますが、「芋焼酎のお湯割り」広めていきましょう!目指せ世界!

 

株式会社味香り戦略研究所

ソリューションサービス部長 菅 慎太郎

SSI認定焼酎アドバイザー。

鹿児島大学ルネッサンスアカデミー(焼酎学講座)経営管理コース講師。

詳しくは

 

この記事の評価は?
 5:良い 4:まあまあ良い 3:普通 2:あまり良くない 1:悪い
 記事の投票:
平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)

シェア

Clip to Evernote

毎月末に発行しているメルマガをぜひご購読ください。登録無料です。

居抜き市場(いちば)



関連記事

コメント:0

コメントフォーム

トラックバック:0

この記事へのトラックバックURL
http://aqsh.net/webapps/mt/mt-tb.cgi/1583
        
AD
居抜き物件、居抜き店舗をお探しなら 居抜き市場(いちば) へご相談ください
居抜き市場(いちば)
販促物の作成前に「しかけ」の設計を
販促物を作成する前に
飲食店経営者も店長やスタッフさん、職人さんも、飲食店をサポートする人達もみ~んなほしかった、ありそうでなかった情報サイト
飲食プロネット
中西フードビジネス研究所
中西フードビジネス研究所
株式会社テラオカ
株式会社テラオカ
カシオ計算機株式会社 首都圏営業部 SA課
POSレジ、レジスター販売
株式会社ROI
株式会社ROI
not for sales inc. デザイン&印刷&店舗開発
デザイン・印刷・店舗開発
ハストネット業務用家具販売
店舗家具 業務用家具卸値販売
業務用食材
業務用食材
アクシュニュースとは

今迄、消費者市場では小売店のレジからPOS情報を得る事ができましたが、業務用市場(飲食店)についてはマーケットでの詳細な売れ筋情報は存在していませんでした。首都圏で約6,000軒の取引先を持つ大手業務用酒類卸の最新の販売データを活用して、居酒屋・レストラン・BAR・ホテル・旅館等の皆様に向け業務用市場の市場動向・売れ筋商品の情報の提供を行っています。


 

メルマガ登録はこちら

RSSリーダーに登録

このページのトップに戻る

TOP / 2飲食店・お酒コラム / おいしい焼酎講座 第82回~世界中で人気UP!「香り」を楽しむお酒~

飲食店の開店・改装ならお任せ